三ヶ日の未来を明るく、元気にしたいという熱い気持ちを持った仲間が、仕事や世代の枠を超えて集結。

ステキみっかび発信プロジェクト

SM@Pe(スマッペ)

留守番電話

053-525-3522

四式中戦車チト磁気探査3日目

四式中戦車チト磁気探査

季節はずれの爆弾低気圧の影響で昨日探査できなかった場所を、積雪と降雪のなか、朝9時から探査再開しました。
今日の探査は11時頃に終了しましたが、スマッペ広報担当は、現場到着がお昼12時になってしまい、探査中の写真を撮ることができませんでした。

四式中戦車チト磁気探査

船底から外された、センサーを取り付ける台座です。

四式中戦車チト磁気探査

センサーは湖底近くまで降りてゆくので、記録機器と接続するコード類もかなり長くなり、片付けも大変です。

四式中戦車チト磁気探査

これは台座から外されたセンサー本体です。同じものが3本あります。

四式中戦車チト磁気探査

台座の左右と中央にセンサーを取り付け、船を動かしながら、探査地点の深さに合わせて上下させます。

幻の戦車チト磁気探査

3日間の磁気探査が終わりました。船上で計測器を確認された「フジヤマ」のスタッフの話しでは、昨日までの感触と同様に、この銀橋(瀬戸橋)の下あたりが金属反応が高く、可能性が高いということでした。
データの解析結果が判明し次第、このホームページでもご紹介いたします。